阿古耶書房は個人出版を応援しています。

-
 Home » お勧め商品, コラム・エッセー, 商品, 小説, 新商品 » やまがたキャバレー時代

やまがたキャバレー時代

aky-0006

やまがたキャバレー時代 (aky-0006)

販売価格(税込)
¥1,620
在庫状態 : 在庫有り
数量

直木賞作家 高橋義夫が描く
山形の盛り場光景
山形新聞好評連載。単行本化

高橋義夫 著
体裁:B6版 / 202貢
送料・梱包料込

目 次
  • やまがたキャバレー時代……3
  • 小姓町の噂……97
  • 「やまがた世相史」のすすめ─後記にかえて……197

 

「やまがた世相史」のすすめ─後記にかえて より

 『やまがたキャバレー時代』は、2010(平成22)年10月5日から、翌2011(平成23)年9月27日まで、23回にわたって、隔週火曜日に「山形新聞」夕刊に連載された。
 山形市内からグランド・キャバレーの灯が消えてから、20年近くたったこと、当時の関係者があつまって同窓会のようなことをしたそうだ。そのスナップ写真を筆者は見せてもらったことがある。(略)その写真を見たとき、彼女たちの青春のかたちがここにあると実感した。

『小姓町の噂』は、『別冊文藝春秋』209号に掲載され、のちに『狼奉行』文庫版に収録された。